下関市立図書館

トップページ >  調べる・相談する

レファレンスサービスのご案内

資料のお問合せや、調べもののご相談は、「レファレンスサービス」をご利用ください。

レファレンスサービスとは

図書館の資料やデータベースを使って、調べものや情報検索のお手伝いをするサービスです。

例えば「読みたい本が見つからない」「〇〇について調べているが、資料の探し方が分からない」など、このような場合には、お気軽に職員へお尋ねください。

ただし、下記の内容のレファレンスにはお答えできませんのでご注意ください。

  • クイズや懸賞問題、宿題の答えなどの質問
  • 美術品などの鑑定や古文書の解読
  • 資料の翻訳や図録などの作成
  • 人生相談や法律相談、医療相談などの専門的なもの
  • 人権やプライバシーの侵害にあたる質問
  • 家系図などの作成
  • 事件・事故調査などの代行
  • その他専門機関への質問の代行

ご利用方法

各図書館のカウンターで職員にお尋ねください。
中央図書館は、5階にレファレンスサービス専用のカウンターがあります。
このほか、電話、メール、文書、ホームページでも受け付けています。

ホームページからのお問合せはこちら

(ご注意)

  • ホームページからのお問い合わせは、下関市立図書館の登録証をお持ちの方のみご利用いただけます。

  • ホームページの使い方や、図書館のご利用についてのお問い合わせは、各図書館に直接お問い合わせください。

レファレンス事例集

皆さまから受けた質問をピックアップしてホームページに掲載しています。

また、国立国会図書館が運営する「レファレンス協同データベース」にも掲載しています。
レファレンス事例は、質問者のプライバシーに配慮し、内容を一部編集しています。

レファレンス事例集はこちら

レファレンス協同データベースはこちら(外部サイトへリンクします)

コピー(複写)について

著作権法の範囲内で図書館の資料に限りコピーができます。(豊北図書室を除く。)
持ち込み資料やノートなどのコピーはできません。

コピー料金

  • 白 黒: 全サイズ 1枚10円
  • カラー: A4・B4 1枚50円 / A3 1枚80円

(ご注意)

  • カラーコピーは、中央図書館のみできます。

コピーができない資料

以下の資料はコピーができませんので、ご注意ください。

  • 著作権法第31条の範囲を越えたもの
  • 最新号の雑誌や当日発行日の新聞など
  • コピー禁止のもの
  • 破損などで、コピーに耐えられないもの
  • 国立国会図書館から借り受けたもの
  • 上記以外で、コピーが認められないもの

外部データベースについて

中央図書館の5階参考図書コーナーでは、専用のパソコンを使って外部データベースがご利用いただけます。
ご利用の際は、レファレンスサービスカウンターの職員にお声がけください。

(ご注意)

  • 通常のインターネット利用は、4階ITコーナーをご利用ください。
  • 印刷はできません。

利用可能なデータベース

新聞

雑誌

百科事典

その他

(ご注意)

  • 国立国会図書館の規約により、「デジタル化資料送信サービス」は下関市立図書館の登録証をお持ちの方のみご利用いただけます。